EDCシステム(メハーゲン)

EDCシステム(メハーゲン)の機能の特徴

即時電子化で手間を削減

これまで試験実施からデータ収集までタイムラグが大きかったため、スムーズなプロジェクト管理が困難でした。しかし、EDCシステムはリアルタイムでデータ収集が可能なため、スムーズなプロジェクト管理が可能です。

システム上でロジカルチェックが可能

手書きでのテキスト収集と異なり、データで情報を収集するため、システム上でロジカルチェックが可能となります。そのため入力されたデータは即時検索が可能となるほか、高品質なデータをオンラインで管理できるため、書類管理の手間を大幅に削減できます。

記入の督促も可能

内容入力が滞っている場合には、リアルタイムでデータを集計し、不足分を督促することが可能です。これにより常に状態が整ったデータ検索をできるため、データが不足する心配がありません。

万全のセキュリティ

万全のセキュリティを期すため、IDやパスワードを駆使した管理はもちろん、128bitSSLデータ暗号化を行うことで、確実なデータ保全を行っています。そのためモニタリングには人員を割く必要がなく、人件費削減の観点からもメリットがあります。

ソフトウェアのインストールが不要

これまでは各施設で同一のシステムを利用する場合には、同じソフトウェアをインストールする必要がありました。しかしEDCシステムの場合、オンライン上で全ての作業を完結できるため、ソフトウェアのダウンロードが必要ありません。これにより、施設の数などを気にすることなく利用することが可能となります。

導入事例・実績

公式サイトに記載がありませんでした。

導入金額の目安

基本料金は記載の金額であるものの、現在初期費用及び運用費のキャンペーンを実施しているため、費用の割引が可能です。詳細は見積もり時にご確認ください。

サポート体制

公式サイトに記載がありませんでした。

機能・スペック一覧

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

EDCのシステム一覧
Vault EDC
Cap Tool
Viedoc