IBM CTMS for Sites

IBM CTMS for Sitesの機能の特徴

IBMが手掛ける治験・臨床研究支援システム

アメリカ合衆国ニューヨーク州に本拠地をおくIBMが手掛ける、治験・臨床研究支援システムがIBM CTMS for Sitesです。独立調査組織はもちろん大規模な病院および学術機関など、臨床試験の実施機関で使用できるように最適化されたシステムです。

計画通りに進んでいないプロセスを迅速に特定

IBM CTMS for Sitesは、計画どおりに進んでいないプロセスを迅速に特定するために、施設の正常性を判断する機能を有しています。より適切な試験の検査所要時間(ターンアラウンドタイム)を設定し、計画遂行上のボトルネックに関して透明性を維持。よりスムーズで手堅い試験遂行をサポートしています。

予算分析ツールと連携して試験の実現可能性を客観的に評価

また、予算分析ツールと連携すると、予想される利益および損失を可視化できるようになります。それにより、臨床試験の実現可能性をより客観的に評価。経営判断に必要な情報として使える機能です。

試験者の採用プロセスを簡略化

IBM CTMS for Sitesは、調査対象の被験者データ一覧表示機能が便利です。試験に固有基準がある場合でも、スクリーニングのための質問票を自動で作成し、また、試験採用の取り組みが有効であるかも追跡可能。被験者採用のプロセスを大幅に簡素化できます。

諸予算をもれなく管理

また、IBM CTMS for Sitesは、試験契約に基づきながら予算をしっかり管理します。すべてのコストが確実に回収されるように、必要に応じて項目別に設定する機能が備わっています。諸経費やスポンサー預り金などの予算を事前に計上できるようになるほか、しばしば見逃されることが多い支出(広告費、薬事手数料、調査員会議の経費など)も管理できるようになるため、透明性の高い計画を作成できます。

治験支援システム比較はこちらから

導入事例・実績

公式HPに記載なし

導入金額の目安

要問合せ

サポート体制

技術サポート・サービスおよび研修サポート・サービス

機能・スペック一覧

治験CTMS特化システム一覧

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

CTMS特化システム一覧
Medidata Edge CTMS
HOPE NMGCP
Vault CTMS(Veeva)