Rave CTMS

Rave CTMSの機能の特徴

データ駆動型のソリューション

リアルタイムに限りなく近い形で情報を提供。一つのビューで確認できるうえ、利用者の意思決定において、事実に基づいたスマートなサポートを行います。

常に監査に備える

治験・臨床試験のどの時点にあっても、いつでも監査対応できるようスタンバイ。レポートの自動化・保護で、治験業務の効率化を図れます。

複数機能をひとつのプラットフォームで

試験スケジュールの登録は複数可能で、リスクレベルに基づいた訪問スケジューリングが組めます。多数システムと連携せずとも、プラットフォーム上でトレーニングからモニタリング、文書管理など多彩な要素を管理。

データの単一管理でミス軽減

ユーザーが毎回データを入力する必要はありません。一度入力すれば、他アプリケーション間でもデータの共有が可能。臨床・非臨床を問わずデータを単一環境で管理できるため、データ統合・データ重複といったミスを防止します。

治験支援システム比較はこちらから

導入事例・実績

紙からクラウドへ、データの集約が叶った

TMFに紙のシステムを使用すると、試験のさまざまな段階で規制へのコンプライアンスを確保することが困難になり、コストと労働集約的なプロセスの負担が増えました。(中略)Rave CTMSシステムを使用すると、すべての情報を1か所にまとめることができます。他の誰かが作成しているExcelトラッカーや特殊なレポートはもうありません。

抜粋元:MEDIDATA「Aperio Clinical Outcomes LLC」https://www.medidata.com/en/customer-success/aperio-unifies-data-and-content-medidata-cloud/

導入金額の目安

公式サイトに記載がありませんでした。

サポート体制

公式サイトに記載がありませんでした。

機能・スペック一覧

プロセスの簡素化

試験の加速化

透明性の向上

高い投資対効果

治験CTMS特化システム一覧

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

CTMS特化システム一覧
HOPE NMGCP
Medidata Edge CTMS
HOPE eACReSS(ホープ イーアクレス)