Vault EDC

Vault EDCの機能の特徴

効率化のための機能を多々準備

事前にテンプレートが用意されており、それをもとに入力用のフォームデザインがドラッグ&ドロップで実現します。エディットチェック用スクリプト作成ウィザードや自己文書化仕様書といった機能が搭載され、臨床試験の構築効率化が図れるでしょう。

ユーザーエクスペリエンス向上

フォームへのデータ入力と並行して、精度・入力パフォーマンス・ユーザーの満足度を高める、リアルタイムでの編集チェックを実施。ユーザーエクスペリエンスを向上させます。また、イベントやフォーム検索の時間を短縮する「クイックジャンプナビゲーション」も実装。

意思決定を促進するデータ表示

ユーザーの意思決定をスタディデータへの直接アクセスと自動作成のレポートにより促進・加速。EDCシステムに表示されるデータは、ライセンスの付与先に関わらず、治験依頼者はリアルタイムで確認可能です。

導入形態は選択可能

同社が提供するCTMSシステム「Vault CTMS」の同時利用により、Vault CDMSからVault CTMSにオペレーションデータが直接送信されます。CRAはVault CTMSからVault EDC内の被験者ケースブックに、ワンクリックで移動可能です。

導入事例・実績

Veeva Vault CDMSに関する導入事例は複数掲載がありましたが、Vault EDCに関する記載は公式サイトにありませんでした。

導入金額の目安

公式サイトに記載がありませんでした。

サポート体制

公式サイトに記載がありませんでした。

機能・スペック一覧

情報管理

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

EDCのシステム一覧
DDworks21/EDC plus
EDCシステム(メハーゲン)
Viedoc