被験者募集会社(PRO)とは

被験者募集会社(PRO)は、治験における被験者募集を代行する会社です。ここでは被験者募集会社(PRO)の役割や依頼費用、被験者募集の流れについて解説します。

被験者募集会社(PRO)とは?

被験者募集会社(PRO)は、治験や臨床試験、研究などに必要な被験者を病院に代わって募集する会社です。各会社によって保持している被験者データベースや得意としている募集地域が異なります。2000年代後半以降、徐々にPROの認知度が上がり、製薬会社やCROから直接被験者募集を受託するケースも増えています。

例えば治験の被験者募集に関して以下のような悩みがある場合、被験者募集会社(PRO)への依頼がおすすめです。

被験者募集会社(PRO)にはそれぞれ異なる被験者データベースがあり、そこに登録されている被験者ボランティアに協力をお願いできます。被験者募集実績の豊富な会社であれば、最適な募集プランを提供してもらうことも可能です。

被験者募集会社(PRO)に依頼する費用

被験者募集会社(PRO)に依頼する費用は、被験者謝礼と被験者募集費用の2つの要素があります。ここではそれぞれの費用相場を解説します。

被験者謝礼の相場

被験者謝礼の相場は、入院タイプの治験と通院タイプの治験でそれぞれことなります。通院タイプの治験の場合は、通院ごとに7,000~10,000円程度。入院タイプの治験の場合は1泊あたり20,000~30,000円が相場となります。

健康食品や化粧品などの臨床試験の場合は、事前検査の参加謝礼で3,000円が相場です。

被験者募集費用の相場

通院タイプの治験の場合、事前検診への参加で1名あたり5,000~10,000円が相場となります。投薬費用としては1名あたり50,000~200,000円です。ジェネリック医薬品などの健常者の入院の治験は、事前検診の参加で1名あたり5,000円、本試験参加で1名あたり15,000円が一般的とされます。

健康食品の臨床試験の場合、事前検診参加で1名あたり5,000~10,000円、本試験参加で1名あたり10,000~20,000円が募集費用の目安となるでしょう。

化粧品の臨床試験の場合は、事前検診参加で1名あたり5,000~15,000円です。健康食品と異なり、本試験参加では費用がかからないケースがあります。

被験者募集の流れ

被験者募集会社(PRO)への依頼から被験者紹介までの流れを解説します。

依頼

被験者募集会社(PRO)の定める依頼書雛形もしくはそれに準じる様式で試験概要を提示し、依頼します。必要に応じて広告制作・管理、イベント実施、募集会社との連携などの戦略を練ります。

公募開始

試験概要に基づき、被験者募集会社(PRO)にて公募開始。会員向けのメルマガ配信や広告により、被験者を募集します。

電話予約

応募者からの電話予約があれば、電話問診シートで健康状態や選定条件などの聞き取りをします。聞き取り内容はクライテリアに基づいて変更可能です。

来院もしくはCRC対応

応募者に施設名などの施設情報を伝え、来院予約もしくはCRC対応を行います。

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
公務員は治験を受けられるのか?
データマネジメント(DM)とは?
医師主導治験の流れ・注意点を解説