治験の空洞化

治験の空洞化とはどのようなものでしょうか。ここでは、治験の空洞化を解消するための取り組みとあわせて解説します。

治験の空洞化とは?

治験の空洞化とは、新しい薬の開発を行うための臨床試験(治験)が盛んに行われるはずの日本で、その治験数が減少し、また参加する人々も少なくなってしまう状況を指します。新たな医療技術や薬を開発し、病気の治療に役立てようとする試みが進まない状況が、日本の医療発展における問題点となっています。

医薬品の開発には、様々な疾患の病態を理解し、有効な治療法を見つけ出すための基礎研究から始まります。その後、治療効果や安全性を確認するための臨床試験(治験)が必要となるのですが、この治験で問題となるのが「治験の空洞化」です。

なぜこのような事態が生じてしまったのでしょうか。それにはいくつかの要因がありますが、大きな要因としては、治験に参加するメリットを感じにくい患者や医師、そして規制が厳しくなったことが挙げられます。治験に参加する意義やメリットを理解していない患者は少なくありません。また、医療の現場では常に時間が足りない中で、治験への参加は余計な負担となりがちです。さらに、規制が厳しくなったことで治験の実施が難しくなり、医薬品開発のスピードが鈍化する傾向にあります。

これらの問題は、新たな医療技術や薬の開発が遅れるだけでなく、日本の医療レベル全体の向上が阻害される結果をもたらします。よって、治験の空洞化という課題の解決が急務となっています。

治験の空洞化を解消する取り組み

治験の支援のための組織

治験の把握や支援のための組織があります。臨床研究コーディネーター(CRC)やクリニカルリサーチアソシエイト(CRA)といった専門の職能を持つ人々が治験を支援し、治験参加へのハードルを下げています。彼らは、治験の設計から運営、結果の分析までをサポートし、医師や患者が治験に関わる際のサポートを行います。

パンフレットやウェブサイトの活用

治験の参加者を増やす方向で取り組みもあります。患者が治験の参加を決める上で重要となる情報の提供です。国や医療機関、製薬会社などから正確な情報が提供され、患者は自分自身の病状や治験薬についての理解を深め、自己判断で治療方法を選択することが期待されます。情報が適切に提供されることで、治験参加への不安を和らげ、治験の空洞化の解消につながると考えられます。

なお、この中で特に力を入れているのが「パンフレット」や「ウェブサイト」です。これらの中には、治験の概要や参加条件、副作用の可能性など、治験に関する詳細な情報が掲載されています。これにより、患者は自分自身の病状と治験内容を照らし合わせ、自身にとって最適な治療方法を選択できます。

政策的な取り組み

また、治験の空洞化を解消するための政策的な取り組みも進められています。たとえば、治験を円滑に進めるための制度改革や、新たな医療技術や薬の開発を推進するための支援策などがあります。これらは治験の空洞化という問題を解決するための重要な一助となります。

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
治験による健康被害
国際共同治験(グローバル試験)について
治験における盲検化の必要性