特定臨床研究

医療現場での治療法の開発や改善は、私たちの健康を支える重要な柱です。中でも、特定臨床研究は、新しい医療技術の有効性や安全性を検証し、患者さんに最適な治療法を提供するために不可欠なプロセスとなっています。ここでは、特定臨床研究の目的や仕組み、注意点について解説します。

特定臨床研究とは?

目的

特定臨床研究の主要な目的は、革新的な医療技術や治療法の安全性と効果を科学的に検証し、医療の質の向上に寄与することです。具体的には、未承認または未認証の医薬品や医療機器の使用、新たな治療法や手技の評価などが含まれます。これにより、従来の治療に対する代替案を提案し、病気の予防や早期発見、より良い治療成果を実現することが期待されています。また、個々の患者の状態に合わせたパーソナライズドメディシンの推進も重要な目標の一つです。

仕組み

特定臨床研究は、医療従事者や研究者の計画に基づき、倫理審査委員会の承認の下に実施されます。試験に先立つ審査では、参加する患者の福祉と安全が最優先に考慮され、情報提供と同意取得が徹底されるのが特徴です。研究プロトコル(計画書)には、研究の目的、方法、期間、参加者の選定基準、評価指標などが明記されており、これを厳密に遵守することで、研究の信頼性が保証されます。また、データの管理と分析は公正中立が要求され、結果は科学的な基準に従い評価されます。研究後のフォローアップも含め、研究結果の公表や患者に対する情報提供にも適切な手順が講じられています。

特定臨床研究に関する注意点

未承認・適用外の医薬品等

未承認または適用外の医薬品を用いる臨床研究には、高度な倫理性と慎重さが要求されます。これらの薬剤が人に与える影響は十分に解明されていないため、適切な審査を経た上で、適正な説明を受けた被験者の同意が不可欠です。研究デザインの段階で、医薬品の安全性、有効性、関連するリスクについて徹底的に検討し、患者の利益を最優先に考えたプロトコルの策定が求められます。

また、研究を実施する上で必要となる医療機関や研究者が、医薬品の取り扱いに関する法的規定やガイドラインを厳守することが求められます。綿密な監視体制のもとで臨床研究を進めることにより、参加者へのリスクを最小限に抑制し、未承認・適用外医薬品の可能性を探ることができるのです。

試験の目的とは異なる薬剤に対する資金提供

臨床試験における資金提供元の影響力は見過ごせません。特に、試験の目的と異なる薬剤に対する資金提供の場合、その資金提供による研究の偏向が発生する危険性があります。このような事態を防ぐため、資金提供の透明性を保つことが必要です。資金提供者の詳細や条件、研究チームとの関係性、資金の使用目的などは事前に明確に開示されなければなりません。

研究結果が資金提供の影響下にあるとの疑念を排除するために、研究のプロセス全体は公正で中立的であるべきです。このため、第三者によるモニタリングや審査機関への報告が欠かせない項目となります。研究の客観性と信頼性を維持するためには、資金提供に関わる全情報の開示が不可欠であり、これによって臨床研究の倫理性を保ち、科学的知見の向上に寄与することができるのです。

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
臨床研究法の改正
臨床試験の手順
臨床研究・臨床試験・治験の違い