治験と臨床試験の違いとは?

臨床研究、臨床試験、治験の違い

一般診療で使われる薬は、国から薬として承認されているものを用いますが、治験の場合は、国からの承認がまだ得られていない薬や医療機器が使われることが多いです。臨床試験や治験では、患者さん本人が恩恵を受けることもありますが、主として、同じ病気で苦しむ次世代の人々への、よりよい治療法の確立のために行われるものです。

臨床研究とは

臨床研究は、症例報告や、調査も含めた研究をあらわす言葉として使用されます。その中で、治療や検査の有効性や安全性を調べるのが臨床試験で、国からの承認を得るために行われるものを治験と呼びます。

臨床研究とは、人を対象として行われる医学研究全般のこと。病気の予防・診断・治療方法の改善や、病気の原因の解明など、患者さんに協力してもらい、情報やデータを集めて行われるのが臨床研究です。長時間かけて発症する病気や、まれにしか見られない病気も対象です。

臨床試験とは

臨床研究の内、人を対象として薬や医療機器、病気の予防・診断・治療に関わる安全性と有効性を確認するために行われます。要するに、ある病気に対して、どのような治療方法が効果的で安全なのかを調べるために、一定のルールに従って計画的に行う試験のことを、臨床試験といいます。新薬を開発する目的に限らないことから、臨床試験は治験と異なります。厚生労働省へ事前に届ける必要のない場合がほとんどです。臨床試験は、患者さんを対象として行う研究ですので、危険な研究や、無益な研究などから患者さんを守る必要があり、現在では非常に厳しいルールに従って行われるものです。

治験とは

治験とは、新しい薬が国の承認を得るため、安全性や有効性を確認するために行う臨床試験のこと。その試験に自らの意思で参加する人のことを治験ボランティア(臨床試験ボランティア)と呼びます。 薬は、良くも悪くも、身体に影響を及ぼすもので、どんな薬を使っても、その取り扱いに100%確実な安全というものはありません。そのため、国が認めた厳しい基準をクリアした薬でないと処方や販売が行えず、その厳しい基準の1つが治験です。

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
治験の二重登録防止について
EDCとは
治験保険について