Cap Tool

Cap Toolの機能の特徴

9段階の認証と国内2カ所で2重保管される

臨床研究支援システムのCap Toolシリーズでは、セキュリティ対策に力を入れています。サーバーに入館する際には9段階以上の認証通過が必要なうえに、国内2カ所で2重保管されています。不正アクセスや災害によるデータの消失を防ぐために、厳重に管理されているので安心です。

ロジカルチェックで症例データの登録ミスを防げる

Cap Toolシリーズではロジカルチェックを行っており、症例データを登録する時に入力ミスを防げる仕様になっています。規定の入力方式や範囲内に収まっているかどうか、登録済みのデータと相違していないか自動で確かめられるので便利です。

質疑応答やデータの反映機能で楽に管理できる

Cap ToolシリーズのPrime/miniのみに搭載されたデータクリーニングの機能を使うと、管理者と医師の間で質疑応答できます。メールでやり取りしなくて済むうえに、記録が残るのでミスを未然に防げます。また、集計データをCSVファイル でアップロードすると、基本データに反映することが可能です。

動的画面制御で入力項目が分かりやすい

Cap ToolシリーズのPrime/miniはより操作性が高いシステムで、動的画面制御の機能が搭載されています。入力データから自動で判断して、不必要な項目をグレーアウトするなど、作業の効率化が図れます。治験の経験が浅い人でも、手早く入力を進められるでしょう。

繰返し画面入力で有害事象を管理しやすい

Cap ToolシリーズのLite ・Prime/miniは、繰り返し画面入力の機能が使用できます。試験中に複数回入力するデータを、同じ画面を使って入力できます。また、症例一覧画面に何回入力したかが表示されるので、有害事象の入力や管理がしやすいのが特長です。

導入事例・実績

公式サイトに記載がありませんでした。

導入金額の目安

割付君

CapTool Lite

CapTool mini

CapTool Prime

※税不明です。アカウント数で金額が変動するか公式サイトに記載がありませんでした。詳しくはお問い合わせください。

サポート体制

導入後は、トラブルに応じて機能追加や設定変更を行っています。ただし、ケースによっては追加費用が発生する可能性もあります。

機能・スペック一覧

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

EDCのシステム一覧
EDCシステム(メハーゲン)
DDworks21/EDC plus
Vault EDC