ALMAC ART

ALMAC ARTの機能の特徴

治験薬の管理・照合追跡のためのシステム

臨床開発分野において、大手企業の一つであるALMACが手掛ける治験・臨床研究支援システムがARTです。ARTとは「Accountability & Reconciliation Tracking(管理・照合追跡)」の略称で、その名の通り治験薬の管理・照合追跡のためのシステム。転記ミスやデータの欠損などを防ぐ自動応答技術(IRT)が、「IXRS®3」の拡張機能として提供されます。

膨大な時間と手間が必要なうえ、ヒューマンエラーが多く発生しやすい治験薬の管理・照合追跡作業。ARTを導入することで作業効率を向上、ならびに被験者の安全性確保を実現することが可能となります。

「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」の遵守を支援

ARTは各種設定を変更することで、さまざまな治験実施計画に対応可能。それにより、治験実施施設における「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」の遵守を支援します。データ不整合の解消やエラーの修正の際にも利用可能で、不足している情報を追跡することでスケジュールの遅延やそのほかのトラブルを回避できるようになります。

サプライチェーン全体の可視化と管理

ARTを導入することで、治験試験の各作業におけるデジタル化およびペーパーレス化を実現。さらに臨床試験の全プロセスを通じて、治験薬のトレーサビリティを確保できるようになります。これにより、サプライチェーン・マネジメントの担当者は「完全なトレーサビリティおよび分析評価の実現」と「デポにおける照合作業の効率化」といったメリットが得られます。

直感的なワークフロー

ARTを拡張機能として搭載するIXRS®3は、誰でも簡単に使用できる直感的なワークフローを提供します。そのため、煩わしい作業に限られたリソースを割くことなく、エラーを最小化し、時間および費用の削減等が達成できます。

治験支援システム比較はこちらから

導入事例・実績

公式サイトに記載なし

導入金額の目安

公式サイトに記載なし

サポート体制

公式サイトに記載なし

機能・スペック一覧

公式サイトに記載なし

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

CTMS特化システム一覧
Medidata Edge CTMS
CT-Portal
HOPE NMGCP