治験実施契約について

治験実施契約とはどのようなものでしょうか。ここでは治験実施契約に関する注意点もあわせて解説します。

治験実施契約とは?

治験実施契約とは、治験を行うための契約のことを指します。具体的には、製薬会社と医療機関の間で結ばれるもので、新薬の開発や既存の医薬品の効能・効果、安全性の確認を目指す臨床試験(治験)を行うための基本的なルールを定めたものです。

この契約では、治験の目的、権限、義務、試験計画(プロトコール)などが詳細に規定され、不適切な治験の実施を防ぐ役割を果たします。契約内容は、医薬品に関する国際的なガイドラインや、それを取りまとめた国内法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)に基づいて策定されます。

治験実施契約を結ぶことで、製薬会社と医療機関の間での責任と役割が明確化し、患者への配慮や安全性の確保が重視されます。具体的な内容としては治験費用の支払い条件、データの所有権、患者への治験の説明、治験データの取り扱い、重大な副作用の報告手続きなどが定められます。

また、治験実施契約は製薬会社と治験医・治験施設間で結ばれることが一般的ですが、場合によっては第三者の治験支援組織(CRO:Contract Research Organization)とも契約を結ぶこともあります。

治験実施契約に関する注意点

治験実施契約は医薬品開発の一環として、医薬品の有効性や安全性を確認するための重要なステップとなります。この契約を進める上での注意点を具体的に解説します。

適切な契約体制の形成

適切な契約体制の形成が重要となります。肝心なのは、すべての当事者が明確に役割と責任を理解し、それを果たすことができる体制を築くことです。契約締結にあたっては、契約内容が全面的に理解されていることを確認するため、各項目について丁寧に説明し、双方の意見を適切に反映した内容となるよう心掛けてください。

リスク管理

リスク管理も重要なポイントです。予測不能な事態の発生を防ぐためにも、契約には危機管理の規定を明記することが求められます。万が一の事態に対する対処方法を事前に練り込むことで、治験の安全性をより高めることができます。

補償内容

最後に、保障となる保険の内容についても注意が必要です。対象者、補償金額、保険期間など、詳細を十分に確認し、契約を行わなければなりません。万が一の事故に備えるため、適切な保険金額を設定しておくことも大切なポイントの一つになります。

それぞれの項目に目を通し、精査することで、スムーズな治験実施契約が可能となります。誤解を生む余地のない明確な契約作成を心掛け、安全性と公正性を維持することが求められています。治験実施契約は、新たな医薬品開発の成功を左右する重要なステップですから、細心の注意を払って進めましょう。

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
治験コーディネーター(CRC)とは?
治験の監査証跡とは?目的や意義などを解説
治験を実施する医療機関の選定ポイントとは