Medidata Edge CTMS

Medidata Edge CTMSの機能の特徴

短期間での導入・グレードアップ

電子臨床システムの統合機能が備わっており、統合作業を別途行う必要はありません。また、専門的なスキル・知識が不要でスタディ設定ができ、クラウドにより定期的な機能強化が提供されます。

モジュール型システム

導入時に必要な機能と運用を続ける間に必要になる機能は変わるもの。機能拡張のおかげで、機能の有り無しといった単純で融通の効かないアプローチから脱した、モジュール形式のシステムが魅力的です。

SaaSで提供

先行投資が不要で導入までの時間が短く、既存のソフトウェアを利用できるSaaS。MEDIDATAはSaaSベースのソリューションを10年以上にわたって提供し続けており、ノウハウを蓄積しています。

85種以上の標準レポートを用意

Medidata Edge CTMSには、治験に関わる管理者・チームメンバー・経営陣・パートナーたちと有意義な共有をするために必要な標準レポートを85種以上用意。そのほか、いくつものスタディにまたがるダッシュボードや、アカデミアや企業独自のSOP・KPIに応じたレポート設定ができるアドホック機能も。

治験支援システム比較はこちらから

導入事例・実績

公式サイトに記載がありませんでした。

導入金額の目安

公式サイトに記載がありませんでした。

サポート体制

公式サイトに記載がありませんでした。

機能・スペック一覧

スタディ計画

スタディ立ち上げ

スタディ実施

法規制遵守

モニタリング

治験CTMS特化システム一覧

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

CTMS特化システム一覧
Vault CTMS(Veeva)
Oracle Health Sciences Clear Trial
HOPE eACReSS(ホープ イーアクレス)