Oracle Health Sciences Clear Trial

Oracle Health Sciences Clear Trial

ソフトウェア開発会社オラクルが手掛ける治験・臨床研究支援システム

アメリカ合衆国テキサス州に本拠を置く、大手ソフトウェア開発企業「オラクル」が手掛ける治験・臨床研究支援システムです。オラクルがリリースする医療業務支援ソリューションは、世界の大手製薬企業のトップ20社でも導入が進んでいます(※1)。

不定期でClearTrialの導入事例を紹介するセミナーが開催されているため、ClearTrialの導入を検討する際に参加してみるのも良い手でしょう。

(※1)参照元:薬事日報公式HP(https://www.yakuji.co.jp/entry31469.html)

診療試験計画の立案を総合的にサポート

数週間から数か月の期間を要する臨床試験の計画立案には、多大な労力が必要です。ClearTrialでは、タスク一覧・スケジュール・コスト・リソースといった、臨床試験に関わるあらゆる情報を可視化。計画のプロセスを総合的に支援します。数分で見積もり予算を算出できるようになり、複数のシナリオを迅速に比較することで、適切なシナリオを確実に短時間で計画できます。

不測の事態でも適切なシナリオを随時モデル化

Clear Trialでは、臨床試験の際の諸条件が突然変わってしまった場合にも、試験の運用状況や財政状況を可視化し、適切な新しいシナリオを随時作成する機能が搭載されています。

臨床試験計画では人員や資源が限られている場合がほとんど。計画内容が複雑なものになればなるほど、試験サイクル・スケジュール変更、予算の増加、ベンダー変更のリスクは増えていくので、現場にとって必要な機能と言えます。

効率的に臨床試験計画を管理

Clear Trialは、臨床試験計画のポートフォリオ・レベルでの概観を可能とします。そのため、計画全体にかかったコスト・スケジュール・リソースなどを適切に評価できます。潜在的な予算不足といった問題を、早い段階で発見できるため、試験計画管理がより容易になるでしょう。

治験支援システム比較はこちらから

導入事例・実績

公式HPに記載なし

導入金額の目安

公式HPに記載なし

サポート体制

公式HPに記載なし

機能・スペック一覧

公式HPに記載なし

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

CTMS特化システム一覧
Rave CTMS
DdworksNX(旧Ddworks21)
NDD治験管理システム