HOPE eACReSS(ホープ イーアクレス)

HOPE eACReSS(ホープ イーアクレス)の機能の特徴

個別対応が可能

HOPE eACReSSの魅力は、各手順をそれぞれの機関に合わせて個別対応することが可能な点です。大学病院臨床試験アライアンス※事業から誕生したシステムのため、施設単独の臨床研究はもちろん、複数の施設を利用する大規模な臨床研究と、関わるそれぞれの担当者に適応した対応が可能です。

※参照元:関東甲信越地区の8つの国立大学からなる治験・臨床研究のアライアンス。大学名など詳細は製品公式サイトをご確認ください。富士通「臨床研究支援システム FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE eACReSS(ホープ イーアクレス)」https://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/healthcare/products/eacress/

臨床研究を円滑に進行する仕組み

臨床研究を支援する目的で構築されたシステムのため、関係各位が適切な工程を踏むことができるよう、シンプルな画面で構築されています。新たな担当者やシステムに慣れていない担当者でも迷いなく操作できるシンプルなUIのため、プロジェクト管理をスムーズに行うことが可能です。

報告書機能を定型化

症例報告書機能を搭載しているため、紙での書類管理を行うことなく報告書管理ができるのも魅力といえるでしょう。報告書承認には責任医師などによるeCRFの確認機能も実装しているため、紙でなくても確認漏れを防ぐことができます。

モニタリングも個別対応

モニタリングの機能は、患者や試験に対して個別で搭載されます。単施設利用と多施設利用によって必要な内容が異なるため、個別対応で必要要素がカスタマイズされます。細かな確認事項がある場合にも、柔軟に対応してくれるでしょう。

治験支援システム比較はこちらから

導入事例・実績

公式サイトに記載がありませんでした。

導入金額の目安

公式サイトに記載がありませんでした。 ただし、ユーザーライセンス数が10名から利用できる単施設利用のパッケージと、ユーザーライセンス数が無制限となる多施設共同利用の2種類が存在します。

サポート体制

公式サイトに記載がありませんでした。

機能・スペック一覧

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

CTMS特化システム一覧
Vault CTMS(Veeva)
NDD治験管理システム
Rave CTMS