未成年の治験で注意すること

ここでは未成年の治験について、特に注意点などを中心に説明しています。子供でも治験を受けることができますが、成人よりも数多くの条件をクリアしていなくてはなりません。特に未成年の治験を考えている保護者の方は確認してください。

未成年の治験情報と注意点

治験には年齢制限が設けられています。現在、多数の医薬品が研究されていますが、その治験の多くは18歳以上の成人を対象としています。
ただし、病気には子供特有のものも多く、より効果的な治療法が求められることから、治療薬やワクチンの開発では幼児や未成年の子供が治験の対象となる場合もあります。

未成年(乳幼児、10代)に実施できる治験の特徴

未成年者が参加可能な治験は、小児や10代の子供を対象としています。医療分野での小児とはおおよそ0歳から思春期あたりまでを指します。
行われる治験は、小児喘息・小児アトピーや花粉症、ニキビなどの病気で、対象はこれらが原因で医師の診断を受けたことのある子供です。
また、治験ごとに参加可能な条件は異なっており、未成年者の病気の症状や、現在服用している薬の有無も関わってくるため必ず受けられるとは限りません。

未成年(乳幼児、10代)の治験の注意点

治験は事前に「インフォームド・コンセント」(informed consent)を必ず受けることになっています。
インフォームド・コンセントは「説明を受けて納得した上で同意する」という意味合いで、治験においては参加の同意手続きを指します。
未成年者の場合、このインフォームド・コンセントには保護者の同意と署名が必要であり、子供だけが同意手続きを行ったとしても治験への参加は認められません。治験そのものも未成年者には保護者が付き添って行われています。

治験における代諾者とは?

治験は、その目的や医療行為によって体にさまざまな影響が与えられます。被験者はこれを理解することで治験への同意を行う必要があります。
しかし、まだ未発達な子供の場合は同意への判断能力が十分とはいえないため、被験者に代わって代諾者からの同意を得なくてはなりません。
代諾者は子供の場合、父親や母親など親権者、後見人などが該当します。

過去実施された治験例

アトピー試験

半年以上前に「アトピー性皮膚炎」と診断されている2歳から11歳の男女に行われた治験です。被験者本人はもちろん保護者の同意が必要であり、両親のどちらか一方とともに来院できる子供に限定し募集されました。

喘息試験

6か月以上前から喘息の診断を受けている5歳から17歳の男女に対し、治験が行われました。保護者と被験者本人からの同意を得られ、両親のどちらか一方と通院できることが条件でした。通院回数は10回です。

花粉症試験

スギ花粉症の治験です。対象は過去2年間に渡りスギ花粉症の症状を訴えている10歳から15歳までの男女です。保護者と被験者本人が治験に同意し、子供が両親のどちらかと一緒に通院できることが条件でした。

ワクチン試験

インフルエンザワクチン接種をまだ受けたことのない7歳から9歳の男女が対象とされました。保護者と被験者からの同意があり、両親どちらか一方との一緒に通院できることを条件に実施したものです。

未成年の治験はまずさまざまな要素の確認を

未成年の治験は年齢制限や代諾者の必要など、成人の治験とは異なり条件が多いことから、申し込みには入念なチェックが必要です。
治験ごとに年齢制限にも違いが見られたり、通院回数も異なっています。必ず保護者の付き添いが必要なため、両親どちらかのスケジュールも押さえなくてはなりません。
お子さんの治験にはさまざまに気を付けなければならない点があります。親御さんおひとりで考えず、信頼できる方と話し合って十分ご検討下さい。

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
TMFとは
医薬品製造におけるバリデーションとは
臨床研究法の改正