治験の監査証跡とは?目的や意義などを解説

監査証跡とは治験に関係する製造記録や試験記録などのデータを改竄から守る規制方法です。文書などはもちろんですが、現在では多くのデータが電子化されていますので、データの完全性と正確性が客観的に担保されていることを証明する「データインテグリティ(Data integrity)」も含まれます。

監査証跡とは?

監査証跡は、製品の安全性とデータの完全性を保護するための規制であり、不正行為から患者を守る役割を果たします。現在は電子データの記録が主流ではありますが、紙に印刷して手書き署名する資料やデータなどでも改ざんの可能性があるために対策が取られています。

方法としてはベースとなる電子作成のデータを守る対策が実施されます。コンピュータ生成のタイムスタンプ付き電子記録で、誰がいつ何をなぜ行ったかを追跡できるようにするのです。監査証跡のない電子記録は監査されないことになるために、データとしての信頼性がなくなります。

監査証拠の条件としては、次のような項目があります。

なぜ監査証跡が必要?

なぜ監査証跡が必要となるのでしょうか。監査証拠は治験においてだけではなく、薬品製造過程などにも採用されています。治験や製薬などは人命にも関わる重大なものですから、データの改ざんは許されません。

そのために、データを修正したり、消去したりすると自動で証拠が残るようになっているのです。また、システムへのアクセス履歴も残りますので、何時、誰がアクセスしたのかも分かるようになっています。

監査証跡のメリット

監査証跡にはデータを守るという大きなメリットがあります。監査証拠という策を講じていなければ、不正アクセスにも対応できませんし、監査のときの説明でも、そのデータは証拠として使えません。それぞれの項目を具体的に見ていきましょう。

不正アクセスの防止

監査証跡を講じることで、不正アクセスを防止することにもつながります。それは、システムへのログイン記録や操作記録を監査証拠として残すことにより、物理的な操作以外のハッキングなどにも対応できるからです。

どのようなセキュリティでも、万が一ということがあります。そのような場合にも誰が、何時不正にアクセスしたのかが記録されます。

このような対策をしておくことで、不正アクセスをしようとしている人たちに対して抑止効果も期待できることになるのです。

説明時の証拠になる

監査証拠は、データを安全に、適切に管理していることの証拠となります。監査のときにさまざまな質問を受けても、監査証拠のあるデータであれば信頼ができ、監査もスムーズに進みます。

しかし、一方で、監査証拠がない場合には、目の前のデータが正しいのか、改ざんされていないのかという客観的な証拠が無いということになります。

現在、多くの企業や研究機関では、信頼性の担保のために、監査証拠を義務付けています。このような場合は、監査証拠がないデータでは、監査が受けられないことになっています。

これからは監査証拠は必須となる

これから社会はますますデジタル化が加速されると予想されています。そのような中、ペーパーレス化も進み、電子データの信頼性を担保することは、非常に重要な条件となっています。

すでに監査証拠を義務化している医療研修機関や企業が多数あるように、これからはさらに監査証拠の重要性が高まってくることと考えられます。まだ、対策がなされていない場合には、早急な実施が必要です。

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
治験の休薬期間の必要性とは
治験事務局担当者(SMA)とは
治験薬の配送