治験文書管理システムとは?

治験文書管理システムとは、治験業務で発生した文書の管理を行うのに役立つ機能を持っているシステムのことをいいます。ここでは、治験の文書管理システムの機能や、治験を行うにあたり文書管理システムを導入するメリット・デメリットなどについて解説します。

治験の文書管理システムの機能

治験の文書管理システムにはどのような機能が搭載されているのでしょうか。代表的な機能について解説します。

文書保存

必要な文書を保存する機能が搭載されている文書管理システムが多いです。
治験関連文書や必須文書といったものは、正しく作成・保管しなければなりません。できればプロジェクト単位で保管できると良いでしょう。
文書保存ができるだけではなく、使いやすいか、あとから目的の文書を見つけやすいかなども確認して文書管理システムを選んでみることをおすすめします。

IRB申請

IRB(治験審査委員会)への申請をサポートする機能が搭載されているものもあります。うまく活用することにより、IRB申請の手間を抑えることにもつながるでしょう。

治験の文書管理システムを導入するメリット・デメリット

治験の文書管理システムを導入することにより、どういったメリットとデメリットがあるのかについて解説します。

メリット

治験の文書管理システムを使用すれば、治験文書の電子化が可能です。治験において取り扱う文書は非常に種類が多く、それらを紙書類として保管しようと考えると、大変です。
保管場所も必要となるほか、あとから必要な文書が出てきたときに、それらをどこに保管してあるのかわからなくなってしまうこともあります。

ですが、文書管理システムを導入すれば電子化によって書類保管スペースを節約することが可能です。また、管理も楽になるでしょう。

将来的なことも考えると早い段階で電子化に取り組みたいところです。セキュリティについても考えておきましょう。十分なセキュリティ対策が取られている文書管理システムを選択すれば、安全性が高い状態で文書管理が可能です。
例えば、権限をワークスペースごとに与える形にし、関係者以外からの一切アクセスできないような形にすることもできます。

デメリット

デメリットとしておさえておかなければならないこととして、コストの問題が挙げられます。新たに有料の文書管理システムを導入する際にはコストがかかります。
どの程度の費用がかかるのかについては、導入するシステムによって異なります。ですが、基本利用料金が100万円を超えるものが多いため、コストの問題でなかなか踏み切れない企業や病院もあるようです。

治験文書管理システムをチェック

治験文書管理システムを導入することによって、文書の管理に関する手間を抑えられるようになります。便利な機能が搭載されているものも多いため、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

以下のページでは、文書管理に特化したシステム紹介しています。各システムの特徴や利用料金などもまとめているので、気になるものをチェックしてみてください。

文書管理に特化したシステム一覧の
詳細を見る

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
治験実施契約について
治験事務局担当者(SMA)とは
医薬品製造におけるクオリフィケーションとは