HOPE NMGCP

HOPE NMGCPの特徴

被験者ごとの管理が可能

「Ddworks21」を開発した富士通のCTMS。その知見を活かし、使い勝手がよく、治験業務をスムーズにする機能を搭載しています。治験ごとの管理はもちろん、被験者ごとに一目で分かる進捗管理が可能です。電子登録されたカルテの情報を基に、被験者は現在来院しているのか、治験中なのかなど、必要情報を管理することが可能です。

情報管理は画面上で実施

紙での管理ではなく、基本的にはシステム上で情報管理が行われます。万が一必要な治験や被験者の進捗情報や、IRBの審査情報は出力することも可能です。統一文書様式が搭載されているため、形式的な文書の作成も円滑に行うことが可能です。

最低限の必要情報は自動チェック

最低限必要となる併用禁忌や注意薬については、オーダー時に自動チェックされます。人を介したモニタリングと、機械を介したモニタリングが上手く分散されており、オーダーミスを防ぐことが可能です。

豊富な検索機能

必要情報をすぐに検索できる検索機能の多さが魅力です。審査対応や審査事項、審査結果や審査歴検索など、ユーザーの取得したい情報を細かく検索することが可能。これにより、迅速な治験・臨床試験の実施をサポートします。

電子カルテ連携が可能

富士通が提供する電子カルテと、標準的なシステム構成で連携することが可能です。依頼者から提出される電子情報を登録することで、その後の審査情報など、必要な条件を全て電子カルテで管理できます。転記ミスを防ぎつつ、フィードバックロスの軽減にもつなげられるでしょう。

治験支援システム比較はこちらから

導入事例・実績

公式サイトに記載がありませんでした。

導入金額の目安

公式サイトに記載がありませんでした。

サポート体制

公式サイトに記載がありませんでした。

機能・スペック一覧

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

CTMS特化システム一覧
Vault CTMS(Veeva)
ALMAC ART
IBM CTMS for Sites