治験後の薬事申請とは

治験が終了すると必ず薬事申請(製造販売承認申請)を行わなければなりません。ここでは、薬事申請の概要や申請に必要な書類、申請の流れについて解説します。

薬事申請とは

薬事申請とは医薬品や医療機器などを製造・販売するために、厚生労働省に対して行う申請のことです。厚生労働省から承認を得て初めて、医薬品や医療機器の製造・販売が可能になります。治験を行った医薬品はもちろん、海外から輸入した医薬品や医療機器なども、必ず薬事申請を行わなければなりません。

薬事申請の必要書類

薬事申請を行う際に必要な申請書類と添付書類について解説します。

申請書類

薬事申請を行うためには、指定の申請書類に必要事項を記載する必要があります。医薬品・医療機器・医薬部外品を製造・販売・輸入する場合は必ず薬事申請が必要ですが、何に対して申請を行うのかで記載する申請書類が異なるので注意が必要です。

治験後の医薬品の製品の有効性・安全性などの審査を行う場合は、様式第二十二「医薬品・医薬部外品・化粧品製造販売承認申請書」を提出します。そのほかの申請に必要な様式は、以下のリンクを参照してください。

添付書類

医薬品と一括りにいっても「新有効成分含有医薬品」や「新効能医薬品」などの区分により、提出しなければならない添付書類は異なります。

例えば「新有効成分含有量医薬品」に該当する場合、以下の添付書類が必要です。

区分ごとに必要な添付書類の詳細は以下の出典元から確認してください。

薬事申請の流れ

治験後の薬事申請をどのような流れで進めていくのかについて解説していきます。

申請書の提出

必要事項を記入した申請書類と必要な添付書類を用意し、申請を行います。申請は厚生労働省が管轄する独立行政法人 医薬品医療機器総合機構に対して行います。

信頼性調査

申請書を提出すると、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構や外部の専門家によって、信頼性の調査が実施されます。信頼性の調査では、臨床試験データが「申請資料の信頼性の基準」を満たしているか調査され、厚生労働省令が定める基準を満たし、正しく有効な臨床データかどうかが精査されます。

審査専門員との面談

信頼性調査の一環として、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構や外部の専門家などと面談が実施されることもあります。面談では申請書や添付書類に記載したデータに関して詳細な質問が行われます。

製品製造所の調査

信頼性調査をクリアすると製品製造所の調査が実施され、安定して安全に医薬品を製造し、継続的な供給が可能かどうかが精査されます。調査は以下の3つの省令に基づいているかを判断されます。

厚生労働大臣の承認

信頼性調査・製品製造所の調査を無事クリアすると、厚生労働大臣と審議会で諮問・答申が行われ、問題がなければ薬事承認が下ります。スムーズに進んだ場合でも、申請から承認までは、半年から1年程度かかるのが一般的です。

治験支援システム比較はこちらから

     治験支援システム PICK UP

このサイトをご覧なら、治験業務の負担を減らす支援システムの導入を検討中だと思います。治験のシステムといえば「CTMS(治験管理システム)」を連想するかもしれませんが、CTMSはマネジメントの要素が強いため、「モニタング業務の負担軽減」「文書管理を自動化したい」といった目的が他にあるのであれば、各目的に特化したシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。運用目的にフォーカスされている分、より低コストで運用できる高機能なシステムが見つかるはずです。

特にニーズの高まっている3つの目的に関してピックアップしてご紹介します。

モニタリング業務の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●リアルタイムでデータ収集の進捗・逸脱を確認できる
●各施設・各患者の状況が一目でわかる
●モニタリング報告書がほぼ自動的に作成される

モニタリング業務システム
の比較はこちら

文書管理の
負担を減らしたいなら

例えばこんな機能

●各ガイドラインに沿った文書をほぼ自動で作成する
●電子署名や版管理機能などがあり文書をデータ上で管理できる
●PDFやExcelで出力できる

文書管理の負担軽減
システムの比較はこちら

EDCを導入したいなら

例えばこんな機能

●電子症例報告書(eCRF)の作成や既存データの転記ができる
●患者への説明や承諾を得る作業が同一システム内で完結できる

EDCシステム
の比較はこちら

関連ページ

CTMS Media ~国内の治験・臨床研究支援システム情報まとめサイト~

知っておきたい治験・臨床研究の基礎知識
臨床試験のGCP違反
治験とデータインテグリティ
医薬品開発業務受託機関(CRO)とは?